馬のマッサージ講習day2

ゼロから始めた動物愛護活動vol.10

マッサージのオンラインセミナー

指導経験がある僕は1点不安材料があった。

それは

直接、生徒さんを触って、こちらの感触を確かめてもらえない

自分の講習ではできるだけ参加者全員に直接指導ができるように工夫している。

今回の講習に限っては、馬も当然いない。

どんなかんじで進むのかな?

と当日までワクワクしていたのだが、

実際は…

オンラインセミナーでもこれだけできるんだ!

という感動の方が大きかった。

二日目は自分の身体をつかって、マッサージの圧についての説明に多くの時間を使った。

『馬の基本マッサージ』

という本にも載っているのだが、圧のレベルを、あるモノを使ってわかりやすく説明している。

それは

豆腐

ナイスアイデア極まりない。

僕は今まで、マッサ―ジの圧に関しては感覚的な説明しか受けたことないし、自分も感覚的な指導、説明しかしてこなかった気がする。

だから僕のセミナーでは、直接一人一人の参加者に触って直接、圧、感覚を伝えていた。

今回は馬に関する知識以外のことも勉強させてもらっている。

先生自身、競走馬を扱う環境に多くの時間を費やしてきただけあって、競馬の話もちょこちょこ出てくるのだが、それも貴重な話ばかり。

時間無制限だったら、1時間でも2時間でも質問攻めができそうだ。

コロナがもう少しおさまったところでの現地講習も見通しが立ちそうだ。

楽しみでならない!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です