高野町民が恐れる極狭林道!「スーパー林道(スパ林)」をチャリで行く!

高野山に住んでいる人のほぼ100%が「危険だけど凄い近道!」と認識している道。

それは 「スーパー林道」 と呼ばれている。

通称「スパ林」

この道は、

「車の運転に自信のある人しか通ってはいけない」

という暗黙のルールがあります高野町民の中にあります。

実はこの道、高野山から橋本方面に出る最短ルートなのです。

したがって、朝夕の通勤時間帯は、危険を承知で、高野山で働いている人々の車が並んで走っています。

( 通勤時間帯 7:30~9:00, 16:30~18:00 ) はこの道を通るのはおススメしません!

最近は、googlemapに表示されてしまうようで

高野町は立て看板をして注意勧告をしているほど…

当然、僕の頭の中では

「自転車で通っても危険だろう…」

と思っていました。

ですが、実際通ってみると…

「自転車の場合、国道480号を通るよりも安全かも…」

という結論に達したのです。

理由は、いくつかあります。

1、スパ林を車で走る場合、極狭道路がネックなのだが、自転車の場合はさほど気にしなくてよい

2、スパ林を走る場合、注意することは、「対向車」と「下り坂のコントール」の2点に対し、国道480号を通る場合、この2点に加えて、「後方からの追い越し車」と「カーブを曲がる際の膨れ(自分も対向車も)」の点も注意しなければならない。

3、通勤時間帯を除けば車の量はスパ林の方が少ない

ってな具合。

(もちろんどちらを通るにしても注意は必要)

実は、翌週、

ウチの自転車を利用して高野山から九度山に下ってサイクリング+九度山観光をしたい!

という提案をいただいたのです。(ありがたや~)

そこでベストなルートを提案すべく、僕自身で考えられるルートを自分で走ってみたのです。

このスパ林には、かつて高野山に歩いて参詣する人たち向けの最後の宿場町がありました。

走ってみると、なんとなくその名残を感じることができます。

それに加えて、おもしろいスポットもあります。

旧、白藤小学校

と 

最後の仇討ち場

です。

白藤小学校は、木造建築のとても暖かい雰囲気が残る素敵な場所です。

最近はコスプレ撮影のスポットや、コーヒーフェスティバルの開催場所として利用されていたりします。

上記の点を加味すると、

町民にとって、危険な極狭道路が、自転車で高野山を楽しんでもらえるおススメコースになってしまうのです。

(リンク)

「和歌山・高野町の廃校舎が撮影スタジオに 駅チカ木造校舎に注目集まる」(和歌山経済新聞)

https://wakayama.keizai.biz/headline/727/

日本最後の仇討ちは高野であった!!

http://www.asahi-net.or.jp/~pf8k-mtmt/bokuno/kouketu/kouya.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です