ゼロからはじめた動物愛護活動 vol.005

最近、友人のY君が保護犬の里親になった。

某一流企業に勤めているY君はかなりのストレスフルな生活を送っている。

今回のコロナの一件でほぼほぼ在宅ワークにシフト。

そして今後も在宅ワークが継続されていくそうだ。

そんな彼が縁あって犬の里親になった。

今、彼は日々、犬に癒されながら、在宅で仕事をがんばっている。

一体、今回のコロナの一件でどれだけの人が在宅にワークになったのだろう。

世間では、ゲーム機、宅配食材サービス、家庭菜園、の需要が一気にあがった。

ペットも例外ではないだろう。

実際、先日Y君がペットショップに用があって週末に行った際、お客さんで一杯だったという。

『それでも命を買いますか』著、杉本彩 

では、ペットショップビジネスの闇について色々書かれている。

犬、猫を飼いたいと考えている人達は、ペットショップに足を運ぶ前に、上記の本を読んでほしいものだ。

上記の写真の2冊の両方とも、安易な気持ちでペットを飼わないよう再三書いている

軽い気持ちでペットを飼うと、本当に後々大変になる。

この先、来年~数年後、保護施設に沢山の犬猫があずけられたり、捨て犬猫が増大しているような未来になってほしくないし、そうならないようにしなくてはならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です