馬のマッサージの研修で愛知県田原のピッコロファームさんへ

は~るばる来たぜ田原へ~♪

さすがに高野山から車で行くのは遠かった。

でも来てよかった。

毎回、動物への施術の勉強をしていると必ず人間への施術に関する気づきがある。

ちなみに4つ足の哺乳類に関しては骨格の基本構造は人間と同じ。

下手な高額有料セミナーを沢山受けるよりも、こっちの方が勉強になるんじゃないかな。

想像力、創造力が拡がります。

会場はピッコロファームさん

いろんな動物と触れ合えます!

馬、ヤギ、犬、ロバ、ポニー、などなど!!!

装蹄師のご主人はとても人間味の溢れるパワフルな御方。

奥様はとてもエレガントな御方。

牧場には二人の動物に対する愛が溢れています。

講師は藤本美芽(エクイエンス / Equience.Inc)先生

ジョッキー、競馬の厩務員を経て馬のセラピストに。

経歴がハンパない。

これまで2回ほど参加させていただいたのですが、

彼らの横で会話を聞いているだけで勉強になる。

(3人とも僕とはまったく別のフィールドで生きてきた方々。トークの内容は、まるで別次元)

金魚の糞みたいにまとわりつかせていただいた。(本当に感謝しております!)

先生の実際の施術現場も特別に見学させてもらった。

アプローチ一つ一つにもちろん意味があるし、それを理解できる自分がいる。

「次回、馬に触る時はこうしてみよう!」

とか

「腰痛の患者さん(人間)にも、あのテクニックは応用できるな」

とか

色々なアイデアがわいてくる。

百聞は一見にしかず…

オンラインセミナーの利便性は十分にわかっているが、

やはり現場で得られる情報量と、そこでしか得られないものだったり

移動を含めた

「旅感」

は捨てがたいね。

(さすがに今回、僕にとって3時間を超える車移動は、しんどいんだけど)

帰り路、鳥羽フェリーから高野山へ、一般道(山道)を一直線に結ぶルートだったのだけど、伊勢、松坂、宇陀市、高見山、吉野

ほんと、凄いね。山感、田舎感。

修験の文化が発達したのもよくわかる。

忍者の里っていうのもよくわかる(三重)

実りのある二日間でした。

またよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です